mossaanのいろいろ日記

気ままにブログを投稿してます♪

オカルトの秋はいかが?

 こんばんは、もっさんです。約1か月ぶりの更新になりますが、今回はオカルトについて色々と書いていこうと思います。

 

 「オカルト」と聞いて読者の皆さんは何を思い浮かべますか 一般的に神秘的・超自然的なものの総称のことですが、UMAUFO未確認生命体都市伝説心霊現象も含まれることがあります。オカルトの類は科学で否定することもできますが、これらの現象の中には科学で説明が付かないこともあります。個人的にオカルト的な現象に、日本人はよく信じ込みやすい傾向があるのではないか、と思っています。

 今でこそオカルトは下火になってはいますが、90年代の後半に「ノストラダムスの大予言を信じる人が増え、世界の終末が叫ばれました。結局、世界が滅ぶことはありませんでしたが、日本人がいかにオカルト的な類に惑わされやすいか如実に表しています。また、雑誌「ムー」により、人々に広く広まったことも大きな要因の一つでしょう。

 現在でも、テレビ番組で都市伝説が取り上げられますが、最近の主流はゾルタクスゼイアン人間の冷凍保存火星移住計画などですね。一言に「オカルト」とはいっても、大きく3つに分けられると思います。

 

①宇宙系・・・地球外生命体との遭遇や、それに関連が深い古代遺跡、地球外生命体が

       残した可能性がある道具など(ロズウェル件・エリア51クリスタル

       スカルなど)。

       f:id:mossaan:20171108192522j:plain

 

UMA(未確認生物)系・・・科学では説明の付かない未知の生物との遭遇(チュパカブ

             ラビッグフットイエティツチノコネッシーなど)。
 

③都市伝説系・・・真相が定かではない事象や、科学では説明が付かない現象、心霊現

         象、超能力(フリーメイソンイルミナティ300人委員会ファテ

         ィマ第三の予言ノストラダムスの大予言死海文書黒い目の子

         供達など)。

         f:id:mossaan:20171108192330j:plain

  ①の宇宙系はオカルトな現象の代表的なものですね。私の知人にUFOを見たことがあり人もいます。大変メジャーなものでしょう。映画や小説の題材によくされることもありますね。②のUMA系は世界各地で目撃情報があるのですが、 現在は映像技術が優れているため、フェイクなのか判断が難しい映像が多々あります。③の都市伝説系ですが、歴史的な出来事とリンクして語られることがありため、内容的にあまり現実味を帯びないです。オカルト的な現象は全部そう言えてしまいますが笑。

 

1. 日本人はユダヤ人と同じ一族だった?

 ここから、個人的にお気に入り・気になる都市伝説を2つ紹介したいと思います。まず、一つ目はいわゆる「日ユ同祖論」です。ユダヤとは、ユダヤ教を信仰する人々のことで、全世界に約1400~500万人います。彼らは苦難の歴史を歩み、たびたび差別の対象にされて厳しい迫害を受けてきました。 そんなユダヤ人と日本人が同じ一族だった、とはどういう意味なのでしょうか?

 日ユ同祖論の「日」は日本、「ユ」はユダヤを表し、日本人とユダヤ人は同じ先祖だという説なのですが、その根拠となるものが、日本の文化や慣習が古代ユダヤにあったものと似ているからなのです。また、言葉の意味が同じであったり、似た言葉が存在しているのです。つまり、日本とユダヤは太古から接点を持ち、渡来人によってユダヤ的な文化や慣習が日本に持ち込まれたということなのです。

f:id:mossaan:20171108192901j:plain

  その中の一部を挙げてみましょう。

  • 日本でもユダヤでも清めに水や塩を用いる。

 

  • 日本では古くからユダヤの星(六芒星)が家紋やデザインとして使われていた。

 

  • 日本の元服式と似ている成人を迎える儀式(バル・ミツバ)を行う。

 

 

 

 などなど、挙げたらキリがありませんが、類似点が数多くあります。歴史学者の多くはこの説に懐疑的ですが、そこはオカルトなのでスルーしましょう笑。

 

2. ネットで有名?、コトリバコ!!!

 二つ目の個人的にお気に入り・気になる都市伝説は「コトリバコ」です。コトリバコと聞くとかわいい印象を受けますが、そんなものではありません。いわゆる人を呪う方法の一つですね。コトリバコは5ちゃんねるのオカルト超常現象板の名物サイト、洒落にならない怖い話を語ってみない?(通称:洒落怖)に投稿された体験談の一つです。

f:id:mossaan:20171108193301j:plain

 内容としては、山陰地方のとある部落にまつわる陰惨な過去や、「箱」の正体に関するおぞましい物語で、部落差別を助長しかない内容やグロテスクな描写が存在します。また、「読んだ後にお腹が痛くなった」、「一緒に住んでいる子供の体調が悪くなった」などの報告もあるため、若い女性や周囲に幼い子どもがいる方は読む事を控えた方がいいかもしれません。検索・閲覧する際は、自己責任でお願いします・・・。

  

 とまぁ、ここまで2つのオカルト的なことを紹介してみましたが、オカルトは半信半疑で楽しめばいいと思います。オカルトの秋もアリなのではないでしょうか?

 

   信じるか信じないかは、あなた次第です!!!

 

 今回はオカルトを中心に書いてみましたが、いかがだったでしょうか? 良かったら次回も読んで頂ければ幸いです。以上、もっさんでした!!!

艦これ・劇場版観てみました♪

 こんばんは、もっさんです。今回は先月末に艦これ・劇場版のDVD&Blu‐rayが発売されたので観てみました。テレビで放送された時よりも、迫力が凄くて流石劇場版といったところでした。早速、全体の感想を書いていこうと思います。まだ艦これ・劇場版を観てない方は、この先を観ないことをおすすめします。

f:id:mossaan:20170924202658j:plain

 

 

              ネタバレ注意!!!

 

 

1. 第六戦隊大活躍!!!

 冒頭、戦闘シーンから始まります。第六戦隊(鳥海衣笠青葉古鷹加古天龍)の巧みなチームワークで深海棲艦を翻弄します。戦闘中、鳥海が負傷するものの、勝利します。加古や鳥海など、テレビで未登場だった艦娘が登場していてテンションが上がりました。

f:id:mossaan:20170924203716j:plain

 特に天龍ちゃんが剣で敵の砲弾を薙ぎ払うところが痺れました。まさに、おっぱいのついたイケメンですね。加古も同様ですけど・・・。冒頭からこんなかっこいい戦闘シーンから始まるのですから、映画はやっぱり気合の入り方が違いますね!!!

 

2. 如月ちゃんの扱いが酷い・・・

 この映画のキーマンとなる艦娘はあの如月ちゃんです。テレビアニメの第4話で轟沈したはずの如月ちゃんが映画で戻ってくるのですが、彼女の身体は次第に深海棲艦化していきます。この時はまださほど変化はないのですが・・・。

f:id:mossaan:20170924204818j:plain

 次第に身体に変化が現れてきます。その時の如月ちゃんの苦しみといったら・・・。如月提督にはキツイものがあると思います。特に、自分の身体をタワシでゴシゴシ擦るところが、観てて堪えられませんでした。彼女を映画に出す必要があったのかは分かりませんが、あの第4話は製作陣にとっては必要な演出だったのでしょう。個人的には少し疑問が残るところです。

 

3. ずいかが祭り!!!

 映画は艦これ提督の一部には好物のずいかが(瑞鶴加賀さんのカップリング)祭りです。かくいう私もずいかがは大好きです笑。

 テレビアニメからそれなりに時間が経ち、瑞鶴と加賀さんは良き先輩・後輩という間柄で落ち着いているようです。顔を合わせるといつも喧嘩していたのが、嘘のようです。瑞鶴は加賀さんが何か隠していることが気になるようで、加賀さんは瑞鶴を心配してか意図的に距離を取っているようです。そんな瑞鶴はさらにモヤモヤ・・・。でも、加賀さんは本当に信頼している後輩だからこそ、危険な目に合わせたくないのだと思います。不器用な加賀さんなりの優しさが伝わってきます。

f:id:mossaan:20170924210017j:plain

 

4. 加賀さんは一度沈んでる?

 映画で初めて明かされる真実の一つが、なんと加賀さんは一度轟沈して戻ってきた唯一の艦だということです。轟沈したはずの如月ちゃんが戻ってきたことに、その場で一番険しい顔をしていた人物が加賀さんでした。

f:id:mossaan:20170924211458j:plain

 深海棲艦は艦娘が轟沈した後の姿で、逆に深海棲艦が轟沈するとまた艦娘に戻れる可能性があります。ただ、艦娘に戻れたとしても如月ちゃんのように心と身体が深海棲艦化することの方が多いようです。その戻れた艦娘の中で、唯一自我を保って深海棲艦化しなかった艦娘こそ、加賀さんなのです。

 

5. 迫力の終盤戦闘シーン!!!

 如月ちゃんを保護した時から謎の声が、特定の場所から聴こえてくるようになります。とくに主人公の吹雪には訴えかけるように聴こえてきます。それと同時に、今回の攻略対象である敵泊地を中心に、海が赤色に染まる現象が広がっていくようになります。

 赤色に染まった海域では、あらゆる生き物が生きておらず、長くその場に留まると艦娘の偽装もヒビが入って壊れてしまうようになります。事態を重くみた、長門たち上層部は、編成を二つに分けて一大決戦に持ち込むことに決めます。

 赤城たち機動部隊は、泊地に合流途中の敵艦隊を迎撃、吹雪たち本隊は敵泊地に侵攻して謎の声と赤い海域の発生源の調査に向かいます。

f:id:mossaan:20170924213549j:plain

 吹雪たちは敵の迎撃に苦戦しながらも、少しずつ敵の根拠地に近づいていきます。途中、比叡が負傷・大和も吹雪を庇ってケガを負ってしまいます。この時の比叡と大和は最高でした。テレビ・アニメではあまり活躍できなかった2人ですが、負傷しながらも敵と戦う姿は、まさに史実の戦艦そのものでした。

 そしてこの時、忘れてはならないのが夕立です。史実でも鬼のような戦いぶりで有名ですが、ここでも軽快な動きで敵を翻弄、次々と倒していきます。まさに「阿修羅」

・・・。

 こうして大和や夕立が食い止めている間、吹雪と睦月はついに敵泊地の目の前まで辿り着きます。しかし、そこには敵の艦隊が待ち構えていました。そこに、深海棲艦化した如月ちゃんが援護に駆けつけてくれました。

f:id:mossaan:20170924215721j:plain

 艦娘としての意識はあるので、まだ心までは蝕まれていないようです。それにしても、この時の如月ちゃんの戦闘力は凄まじいものがありました。自分と倍以上の火力を持つ相手に、通常の如月ちゃんでは考えられない圧倒的な火力で倒していきます。どうやら、深海棲艦化すると戦闘力が倍以上に跳ね上がるようです。そんなチート如月ちゃんの活躍もあって、吹雪は一人敵泊地の中心にある巨大な穴の中に入っていきます・・・。

 

6. ついに白吹雪と対峙・・・

 渦に入り込んだ吹雪は、もう一人の自分と出会います。もう一人の自分・・・、それは深海棲化したもう一人の吹雪(白吹雪)でした。白吹雪は吹雪を誘って自分の中に取り込もうとします。不完全な存在から、完全な存在になるために・・・。取り込まれていく中で、吹雪は白吹雪がかつて史実であった、大戦で忘れ去られてしまった艦船の想い・無念・悔しさ・寂しさといった負の集合体なのだということがわかっていきます。

 吹雪はそんな白吹雪を優しく抱きしめます。すると、白吹雪は消滅して泊地も光に覆われます。それまで戦っていた深海棲艦も消滅し、元の平穏な海に戻っていきました。

 ボロボロになりながらも吹雪は無事帰還します。そこには、治療を受けた大和や加賀さんが待っててくれていました。如月ちゃんも再び艦娘として戻ってきました。

f:id:mossaan:20170924221302j:plain

 良い感じで終わってホッとしました。以前のテレビアニメの艦これが不評な分、映画で取り戻してくれたと思います。全体としてはギャグ要素を極力抑えて、シリアスな構成にしたため、個人的にかなり楽しめました。艦娘と深海棲艦の関係も一つの見方として考えさせてくれました。まだ未視聴の提督さんにもおすすめなので、是非自分の目で観て楽しんでみて下さい。

 

 次回はオカルトについて考察していければいいなぁと思っています。良かったら次回も読んで頂ければ幸いです。以上、もっさんでした!!!

最近の艦これ戦果と夏イベ♪

 こんばんは、もっさんです。残暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 今回は私の最近の艦これの戦果と夏イベの近況について書いていきたいと思います。艦これとはなんぞや?、と思っている読者の方は当ブログで説明しておりますので、そちらを参考にして下さい。また、艦これに興味がない方は、スルーして下さい笑。

 

1. 最近の艦これ戦果

 では、早速私の最近の艦これ戦果について書いていきます。私は基本のんびりまったりやっていますので、ランカー程の充実した装備はありません。なので、これまでのイベントは基本E-1かE-2止まりでした。

 ですが、最近は2年以上プレイしてきたので装備も充実していき、2017冬イベではじめて完走できました。

f:id:mossaan:20170905223142j:plain

そこそこ苦戦はしましたが、秘書艦の木曾くんの夜戦連撃のおかげで勝利を掴みめました。

 次の2017春イベも、報酬がソ連艦のガングートだったのでモチベも維持できて完走できました。

f:id:mossaan:20170905223655j:plain

この時も木曾くんが中破しながらもラスボスを夜戦で沈めてくれました。本当に頭が下がるばかりです。こんな感じで二つのイベントを完走でき、良い感じでモチベも上がりました。 

 

2. 2017夏イベE1 リンガ泊地沖

f:id:mossaan:20170905225123j:plain

ここはサクッとクリア。新戦力の大鷹ちゃんも頑張ってくれました。

 

3. 2017夏イベE2 リランカを超えて

f:id:mossaan:20170905225715j:plain

 

f:id:mossaan:20170905225847j:plain

 ここも難なくクリア。新戦力のビス子が大活躍してくれました。報酬艦の旗風もお迎えできました。これで神風型は5隻実装されたことになりますね。どこか雰囲気的に鹿島に似てますね。

 

4. 夏イベ2017E3 ステビア海の先へ

f:id:mossaan:20170905230430j:plain

 

f:id:mossaan:20170905230559j:plain

 E-3は輸送・戦力のダブルゲージです。正直E-3の方がE‐4よりもきつかった印象を受けました。輸送で何度も大破撤退し、中々思うようにゲージを割れませんでしたが、なんとかごり押しで突破できました。ちなみに、ゲージを削る途中で、前からお迎えしたかった天城がドロップしてくれました。やったぜ。

 

5. 夏イベ2017E4 遥かなるスエズ

f:id:mossaan:20170905231307j:plain

 E-4も前ボス・本ボスのダブルゲージでした。前ボスは難なく倒せたのですが、本ボスが・・・。

f:id:mossaan:20170905231541j:plain

 こいつが本当に硬くて、夜戦火力が強い駆逐艦でも倒しきれませんでした。ラスダンが特に硬く、魚雷や爆撃も大したダメージを与えられませんでした。前イベのラスボスよりも硬い感じがしましたね。

f:id:mossaan:20170905231956j:plain

 

f:id:mossaan:20170905232053j:plain

 

f:id:mossaan:20170905232139j:plain

 なんとかボスを倒して前段作戦をクリア、仏戦艦リシュリューを無事お迎えすることができました!!! リシュリューは射程範囲が広く、火力も高いので戦闘で十分に活躍してくれると思っています。個人的にアークロイヤルはそこまで好みではなかったので、夏イベはE-4でおしまい。

 その後、E-1で堀りをしていたら山風大鯨がドロップしてくれたので、私の夏イベは作戦終了です。頑張ってくれた艦娘に労いの気持ちを込めて、1週間夏休みを与えました。今は休暇も終わり、のんびりレベリング&資源回復中です。

 

 と、まぁこんな感じで夏イベを乗り越えることができ、満足でした。これもTwitterのフォロワーさんの励ましのおかげです、この場を借りて感謝いたします。ありがとうございました。

 

 次回は艦これつながりで、艦これ・劇場版の感想を書いていく予定です。以上、もっさんでした!!!

ありがとう、チェスター・・・

 こんばんは、もっさんです。今回のブログの内容は完全に私事になってしまいますが、それでも構わないよ~って方は読んで頂ければ幸いです。

 

 2017年7月20日、私が最も大好きなロックバンドのボーカルの方が亡くなりました。その方の名前はチェスター・ベニントンLinkin Parkのボーカルでした。死因は首吊り自殺でした。彼の死は多くの人に衝撃を与えました。日本国内でONE OK ROCK(合同ライブを企画していた)、B'zきゃりーぱみゅぱみゅRADの野田さんなどが追悼メッセージを送り、海外ではリアーナアヴリル・ラヴィーンなども追悼メッセージを送っていました。

 私はこのニュースを聞いてショックを受けました。その日は彼の死ばかりが頭を駆け巡り、何も手を付けられませんでした。何故なら、私はLinkin Park、そしてチェスター・ベニントンに出会ったことで洋楽を好きになっていったからです。私が洋楽好きになったのは彼らのおかげと言っても過言ではありません。

f:id:mossaan:20170822213715j:plain

 そもそも私がLinkin Parkとチェスターに出会ったきっかけは、トランスフォーマーの第一作目を観たことから始まります。その映画のエンディングにLinkin Parkの曲が流れたのです。その時の私は衝撃を受けました。こんなかっこいい曲をつくれるバンドが存在するのかと、中学生だった私は感激を受けました。そして、すぐに「トランスフォーマー」のサントラを買い、Youtubelinkin Parkの曲を片っ端から聴きまくりました。完全に私はlinkin Parkもといチェスターの虜になっていたのです。

 そんなlinkin Parkのボーカル、チェスターの凄さは力強い高音のボイスです聴く者全てを圧倒する声と、繊細な歌い回しは全世界のロックファンを夢中にさせ、瞬く間にロックバンド界のビッグバンドのボーカルに君臨しました。そんな栄光を築いた彼の死に、私は疑問しか浮かびました。

 

 

 何故、彼は自ら命を絶たなければならなかったのか?

 

 

一説によると、彼は少年時代から年上の同性から性的虐待を受けたり、そのストレスから薬物中毒になったりしました。ロックバンドとして成功を収めながらも、昔のトラウマや薬物が彼を未だに苦しめていました。

 そして、何よりも最近のチェスターは以前よりも実力が落ちてきているのではないかと、不安に陥るようになっていったようです。米国のロックバンドは人気を保ち続けていくのが相当大変で、ラッパーのように俳優や自営業など別の道で食っていける受け皿はそう多くありません。そんな不安も彼を自殺に追い込ませてしまった原因の一つなのかもしれません。

  また、チェスターが自殺する2ヶ月前に、彼の親友のクリス・コーネルが自ら命を経ちました。クリスはチェスターの精神的支柱の一つでした。チェスターが死んだ日はクリスの誕生日だったこともあり、クリスの死は間違いなく、チェスターの自殺の大きな要因だろうと思われます。

 彼の死に一番悲しんだのは彼の家族、一緒に頑張ってきたバンドメンバーでしょう。彼の苦しみは私達には分かりません。でも、彼の声は生き続けていくことでしょう。彼を、彼の声を愛して止まない人々がいる限り・・・。そして、私自身も死ぬまで彼の声を聴き続けるでしょう。最後にチェスターが最期に歌った新曲''Talking To Myself"をどうぞ。

 

Talking To Myself (Official Video) - Linkin Park - YouTube

 

 次回は艦これの現状と自分の今までの戦果について書いていく予定です。艦これに興味がないよ~、って方は読み飛ばして下さい。以上、もっさんでした。

みんなの中にマーニーはいる♪

こんばんは、もっさんです。

 暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?今回は先月金曜ロードショーで放送された思い出のマーニーについて色々と書いていきたいと思います。

f:id:mossaan:20170804200943j:plain

 個人的に思い出のマーニーは好きで、ジブリの中でもお気に入りの作品です。近年ジブリ宮崎駿監督から息子の宮崎吾朗監督、そして米林宏昌監督に変わっていきました。

 そして今年、米林監督のオリジナルアニメ・メアリと魔女の花が今月から全国上映されました。米林監督はジブリを退職しているので、ジブリ風アニメといったところですね。現時点でジブリは映画製作部門を閉鎖しているようです。雰囲気的にはハウル魔女の宅急便やらをミックスさせたような感じです。

 さて、米林監督の作品はこの「メアリと魔女の花」が三作品目です。一作目が借りぐらしのアリエッティ、二作目が「思い出のマーニー」ですが、どちらも私は映画で観ています。思い出のマーニーを観る前は百合的なお話なのかな(それはそれで最高ですが笑)?、と思っていましたが全く違いました。ここで考察を交えながら思い出のマーニーのストーリーについて説明していきます。

1. ジブリの中で異質な主人公・杏奈

 このお話は主人公・杏奈の主観で物事が進んでいきます。彼女はジブリの主人公の中ではある意味、異質な主人公です。何故異質なのかというと、繊細で感受性が強く大人しい性格の女の子だからです。今までのジブリ作品の主人公にしては珍しいタイプですよね。米林監督は現実にいる女の子にスポットを当てたいということで、杏奈が生まれたようです。個人的に杏奈の性格、滅茶苦茶共感できるところがあって、大好きですね。あと、かわいい笑。

2. マーニーは一体何者なのか?

 思い出のマーニーの簡単な内容としては、杏奈が病気の療養で、親戚の家に2週間ほど過ごす間の話で、その中でマーニーと出会いながら少しずつ明るさを取り戻していく、といった感じです。
 話が進んでいく内に、マーニーは実は自分の母方の祖母が少女だった時の姿で、祖母の思い出を追体験していた、という事実がわかります。マーニーは幼い杏奈に自分の少女時代の思い出を聞かせ、「貴方は一人じゃない、ずっと愛してる」と告げて亡くなります。

 しかし、本当に祖母の思い出を追体験していただけなのでしょうか? 杏奈のこうでありたいという理想の姿を、思い出の端にいた祖母の姿を借りながら、想像で自分を慰めて励ましていたのではないでしょうか?
 つまり、マーニーはもう一人の杏奈なのではないかということです。このあたりは色々な見方ができるので、一概には言えません。
 ただ、杏奈は一人ぼっちではなく、自分を愛してくれる人が周りにしっかりといた、ということははっきりと言えると思います。

 自分を愛してくれる大切な人たちが一人でもいれば、自信が付いて頑張れる・・・。この作品はそういったことを教えてくれたような気がします。
 私たちにもマーニーのような存在はいると思います。みんなの中にマーニーはいるのです。昔の記憶の片隅にいる、自分を愛してくれた大切な人たち・・・。今はいなくても、自分を愛してくれる人は必ず現れます。一人ぼっちではないのです。そしていつの日か、私も誰かにとってのマーニーになりたいものです。

以上、もっさんでした。

最近思うこと・・・。

 こんにちは、もっさんです!!!
 暑い日が続きますね。今回は私事で申し訳ないのですが、最近の自分の変化や人間関係について少し書きたいと思います。私こともっさんのことなんて興味ないよって方は今回はスルーしてもらってけっこうです笑。

 さて、このブログを開設する半年前、 自分は新卒として入った会社を半年ほどで辞めました。理由はハードすぎる職場だったからですね。某警備会社に入社してから部署の仕事に馴染めず、5ヶ月経ってたから異動で某原子力発電所に勤務することになりました。しかし、そこは時間的にハードで責任重大な仕事でした。一週間ほど経ってたから、寝不足で自損事故を起こし、これはヤバイと思い辞めることになったのです。
 辞めてからの私はこれまでの緊張の糸が途切れ、無気力と鬱状態になっていました。そして軽い引きこもりになり、家に出ることはあまりなくなりました。父ともよく喧嘩するようになり、精神的に不安定な状態になっていました。

それから半年後、小学生の時にお世話になった恩師から連絡がきて、会うことになりました。久しぶりの恩師との会話は懐かしく、心が少しほっとしました。それから、彼女は私を様々な方に会わせてくれました。まず某大学の名誉教授をしていた心理学の先生に会い、自分は発達障害だと判断されました。正直驚きはしましたが、心が軽くなりました。そして、私の住む町で市議会議員をされてる方や陶芸教室を開いている夫婦、先生の教え子さん達と出会い、私は少しずつ前に進められるようになっていきました。

そして、今は資格を取得したり、就職活動をして前に進んでいます。

前職を辞めてから今に至るまで、人間関係はかなり変わっていきました。大学時代のクセのある同級生や投資詐欺で自分を騙した知人(騙された私も悪いのですが)などはいつの間にか離れていき、逆にそこまで連絡を取っていなかった先述の恩師や大学時代の後輩が、今や私にとって非常に有り難い存在になっていきました。今はまだ恩返しをできる状態ではないですが、いつか必ず恩返しをしたいですし、親にも孝行していきたいです。

私は24になった今でも他人に警戒心MAXで、人間不信なところがあります。良い意味でも悪い意味でも人に期待していません。何回も騙されたことがありますし、年上の方から多々見下され、親を貶されたこともあったからです。

それでも人を信じたいですね、難しいですが・・・。生きていくには必ず誰かしらと関わらないといけないので、そこは割りきらないといけないと思います。他人とは適度な距離で、親しい・信頼できる人には感謝ができる人間になれるようにもっさんは少しずつ頑張ります笑。

駄文で長々と申し訳ありませんでした。次回はジブリ関係の投稿をする予定なので、今回みたいに重くはないです笑。ここまで読んで下ってありがとうございました。以上、もっさんでした。

ブログ再開します!!!

こんにちは、ものすごくお久しぶりのもっさんです。

しばらくブログを休むと言いながら、かれこれ約1年経ってしまい読者の方々には大変ご迷惑をおかけしました。

今後は不定期にブログを更新していく予定ですが、これからも「mossanのいろいろ日記」を宜しくお願いいたします。