mossaanのいろいろ日記

気ままにブログを投稿してます♪

ありがとう、チェスター・・・

こんばんは、もっさんです。今回のブログの内容は完全に私事になってしまいますが、それでも構わないよ~って方は読んで頂ければ幸いです。

 

2017年7月20日、私が最も大好きなロックバンドのボーカルの方が亡くなりました。その方の名前はチェスター・ベニントンLinkin Parkのボーカルでした。死因は首吊り自殺でした。彼の死は多くの人に衝撃を与えました。日本国内でONE OK ROCK(合同ライブを企画していた)、B'zきゃりーぱみゅぱみゅRADの野田さんなどが追悼メッセージを送り、海外ではリアーナアヴリル・ラヴィーンなども追悼メッセージを送っていました。

 私はこのニュースを聞いてショックを受けました。その日は彼の死ばかりが頭を駆け巡り、何も手を付けられませんでした。何故なら、私はLinkin Park、そしてチェスター・ベニントンに出会ったことで洋楽を好きになっていったからです。私が洋楽好きになったのは彼らのおかげと言っても過言ではありません。

f:id:mossaan:20170822213715j:plain

 そもそも私がLinkin Parkとチェスターに出会ったきっかけは、トランスフォーマーの第一作目を観たことから始まります。その映画のエンディングにLinkin Parkの曲が流れたのです。その時の私は衝撃を受けました。こんなかっこいい曲をつくれるバンドが存在するのかと、中学生だった私は感激を受けました。そして、すぐに「トランスフォーマー」のサントラを買い、Youtubelinkin Parkの曲を片っ端から聴きまくりました。完全に私はlinkin Parkもといチェスターの虜になっていたのです。

 

 そんなlinkin Parkのボーカル、チェスターの凄さは力強い高音のボイスです聴く者全てを圧倒する声と、繊細な歌い回しは全世界のロックファンを夢中にさせ、瞬く間にロックバンド界のビッグバンドのボーカルに君臨しました。そんな栄光を築いた彼の死に、私は疑問しか浮かびました。

 

     何故、彼は自ら命を絶たなければならなかったのか?

 

 一説によると、彼は少年時代から年上の同性から性的虐待を受けたり、そのストレスから薬物中毒になったりしました。ロックバンドとして成功を収めながらも、昔のトラウマや薬物が彼を未だに苦しめていました。

 そして、何よりも最近のチェスターは以前よりも実力が落ちてきているのではないかと、不安に陥るようになっていったようです。米国のロックバンドは人気を保ち続けていくのが相当大変で、ラッパーのように俳優や自営業など別の道で食っていける受け皿はそう多くありません。そんな不安も彼を自殺に追い込ませてしまった原因の一つなのかもしれません。

 

 また、チェスターが自殺する2ヶ月前に、彼の親友のクリス・コーネルが自ら命を経ちました。クリスはチェスターの精神的支柱の一つでした。チェスターが死んだ日はクリスの誕生日だったこともあり、クリスの死は間違いなく、チェスターの自殺の大きな要因だろうと思われます。

 

 彼の死で一番悲しいのは彼の家族、一緒に頑張ってきたバンドメンバーでしょう。彼の苦しみは私達には分かりません。でも、彼の声は生き続けていくことでしょう。彼を、彼の声を愛して止まない人々がいる限り・・・。そして、私自身も死ぬまで彼の声を聴き続けるでしょう。ここでチェスターの最期の歌で新曲の''Talking To Myself"をどうぞ。

 

Talking To Myself (Official Video) - Linkin Park - YouTube

 

 次回は艦これの現状と自分の今までの戦果について書いていく予定です。艦これに興味がないよ~、って方は読み飛ばして下さい。以上、もっさんでした。

みんなの中にマーニーはいる♪

こんばんは、もっさんです。

 暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?今回は先月金曜ロードショーで放送された思い出のマーニーについて色々と書いていきたいと思います。

f:id:mossaan:20170804200943j:plain

 個人的に思い出のマーニーは好きで、ジブリの中でもお気に入りの作品です。近年ジブリ宮崎駿監督から息子の宮崎吾朗監督、そして米林宏昌監督に変わっていきました。

 そして今年、米林監督のオリジナルアニメ・メアリと魔女の花が今月から全国上映されました。米林監督はジブリを退職しているので、ジブリ風アニメといったところですね。現時点でジブリは映画製作部門を閉鎖しているようです。雰囲気的にはハウル魔女の宅急便やらをミックスさせたような感じです。

 さて、米林監督の作品はこの「メアリと魔女の花」が三作品目です。一作目が借りぐらしのアリエッティ、二作目が「思い出のマーニー」ですが、どちらも私は映画で観ています。思い出のマーニーを観る前は百合的なお話なのかな(それはそれで最高ですが笑)?、と思っていましたが全く違いました。ここで考察を交えながら思い出のマーニーのストーリーについて説明していきます。

ジブリの中で異質な主人公・杏奈

 このお話は主人公・杏奈の主観で物事が進んでいきます。彼女はジブリの主人公の中ではある意味、異質な主人公です。何故異質なのかというと、繊細で感受性が強く大人しい性格の女の子だからです。今までのジブリ作品の主人公にしては珍しいタイプですよね。米林監督は現実にいる女の子にスポットを当てたいということで、杏奈が生まれたようです。個人的に杏奈の性格、滅茶苦茶共感できるところがあって、大好きですね。あと、かわいい笑。

②マーニーは一体何者なのか?

 思い出のマーニーの簡単な内容としては、杏奈が病気の療養で、親戚の家に2週間ほど過ごす間の話で、その中でマーニーと出会いながら少しずつ明るさを取り戻していく、といった感じです。
 話が進んでいく内に、マーニーは実は自分の母方の祖母が少女だった時の姿で、祖母の思い出を追体験していた、という事実がわかります。マーニーは幼い杏奈に自分の少女時代の思い出を聞かせ、「貴方は一人じゃない、ずっと愛してる」と告げて亡くなります。

 しかし、本当に祖母の思い出を追体験していただけなのでしょうか? 杏奈のこうでありたいという理想の姿を、思い出の端にいた祖母の姿を借りながら、想像で自分を慰めて励ましていたのではないでしょうか?
 つまり、マーニーはもう一人の杏奈なのではないかということです。このあたりは色々な見方ができるので、一概には言えません。
 ただ、杏奈は一人ぼっちではなく、自分を愛してくれる人が周りにしっかりといた、ということははっきりと言えると思います。

 自分を愛してくれる大切な人たちが一人でもいれば、自信が付いて頑張れる・・・。この作品はそういったことを教えてくれたような気がします。
 私たちにもマーニーのような存在はいると思います。みんなの中にマーニーはいるのです。昔の記憶の片隅にいる、自分を愛してくれた大切な人たち・・・。今はいなくても、自分を愛してくれる人は必ず現れます。一人ぼっちではないのです。そしていつの日か、私も誰かにとってのマーニーになりたいものです。

以上、もっさんでした。

最近思うこと・・・。

 こんにちは、もっさんです!!!
 暑い日が続きますね。今回は私事で申し訳ないのですが、最近の自分の変化や人間関係について少し書きたいと思います。私こともっさんのことなんて興味ないよって方は今回はスルーしてもらってけっこうです笑。

 さて、このブログを開設する半年前、 自分は新卒として入った会社を半年ほどで辞めました。理由はハードすぎる職場だったからですね。某警備会社に入社してから部署の仕事に馴染めず、5ヶ月経ってたから異動で某原子力発電所に勤務することになりました。しかし、そこは時間的にハードで責任重大な仕事でした。一週間ほど経ってたから、寝不足で自損事故を起こし、これはヤバイと思い辞めることになったのです。
 辞めてからの私はこれまでの緊張の糸が途切れ、無気力と鬱状態になっていました。そして軽い引きこもりになり、家に出ることはあまりなくなりました。父ともよく喧嘩するようになり、精神的に不安定な状態になっていました。

それから半年後、小学生の時にお世話になった恩師から連絡がきて、会うことになりました。久しぶりの恩師との会話は懐かしく、心が少しほっとしました。それから、彼女は私を様々な方に会わせてくれました。まず某大学の名誉教授をしていた心理学の先生に会い、自分は発達障害だと判断されました。正直驚きはしましたが、心が軽くなりました。そして、私の住む町で市議会議員をされてる方や陶芸教室を開いている夫婦、先生の教え子さん達と出会い、私は少しずつ前に進められるようになっていきました。

そして、今は資格を取得したり、就職活動をして前に進んでいます。

前職を辞めてから今に至るまで、人間関係はかなり変わっていきました。大学時代のクセのある同級生や投資詐欺で自分を騙した知人(騙された私も悪いのですが)などはいつの間にか離れていき、逆にそこまで連絡を取っていなかった先述の恩師や大学時代の後輩が、今や私にとって非常に有り難い存在になっていきました。今はまだ恩返しをできる状態ではないですが、いつか必ず恩返しをしたいですし、親にも孝行していきたいです。

私は24になった今でも他人に警戒心MAXで、人間不信なところがあります。良い意味でも悪い意味でも人に期待していません。何回も騙されたことがありますし、年上の方から多々見下され、親を貶されたこともあったからです。

それでも人を信じたいですね、難しいですが・・・。生きていくには必ず誰かしらと関わらないといけないので、そこは割りきらないといけないと思います。他人とは適度な距離で、親しい・信頼できる人には感謝ができる人間になれるようにもっさんは少しずつ頑張ります笑。

駄文で長々と申し訳ありませんでした。次回はジブリ関係の投稿をする予定なので、今回みたいに重くはないです笑。ここまで読んで下ってありがとうございました。以上、もっさんでした。

ブログ再開します!!!

こんにちは、ものすごくお久しぶりのもっさんです。

しばらくブログを休むと言いながら、かれこれ約1年経ってしまい読者の方々には大変ご迷惑をおかけしました。

今後は不定期にブログを更新していく予定ですが、これからも「mossanのいろいろ日記」を宜しくお願いいたします。

しばらくブログをお休みいたします。

こんにちは、久しぶりのブログ更新となりましたが、今回は皆さんに大事なお知らせがあります。

 

タイトルを読めば分かるとおり、諸事情で「mossanのいろいろ日記」をしばらくお休みさせて頂きます。当ブログをやめるという訳ではありません。

読者の皆々様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、ご理解の程を宜しくお願い致します。

 

以上、もっさんでした。

邦楽もいいけど、洋楽もいいぞ♪

 こんばんは、もっさんです!!!

 

約2か月ぶりの更新になりまして、読者の皆々様には申し訳ありませんでした。さて、今回は「洋楽」について書いていきたいと思います。洋楽というと読者の皆さんは何を思い浮かびますか?

 

馴染みがない人には何のこっちゃという感じではないでしょうか笑。

洋楽というと英語ばかりで何を言っているか分からないという印象がありますが、意外と日常でよく聞くことがあるかと思います。

 

今回は個人的な趣味というか趣向のお話になってきますので、洋楽あまり興味ないよという方は読み飛ばして頂いて構いません。

 

さて、私もっさんにとって洋楽は聴くだけで癒される大きな存在になっております。そもそも洋楽はそこまで興味はありませんでした。しかし中学生の時に洋楽との電撃的な出会いを果たします。それは洋画・「Transformer」のエンディングで流れたlinkin park”What I`ve Done”という曲に衝撃を受けました。そしてすぐにTransformerのサントラを買ってしまいました。そこからThe Smashing PumpkinsThe Rolling stones,OasisRatt,dio,Ted Nugentなどの米国80年代ロックにハマっていきました。

なぜまた米国80年代ロックにハマってしまったかというと、ゲームのGTAシリーズでよく車のラジオに流れていたためです笑。余談ですが先述のdioというロックバンド、あの漫画のジョジョシリーズに出てくる悪役・ディオはここからきています。

 

何故また洋楽を、私が好きになってしまったかというと、単にlinkin parkの曲に衝撃を受けただけではなく、邦楽にはない独特のメロディに虜になってしまったからです。何を言っているかはわからない、だけど何か音楽への想い・情熱みたいなのは不思議と伝わってくるのです。歌詞が気になった場合は調べますが、基本は洋楽のメロディを楽しんでいる感じですね。

 

では、個人的に皆さんが一度は聴いたことがあるであろう洋楽の名曲を紹介していきます。まずはThe Eagles"DESPERADO"です。テレビ番組でたまに感動的なムードを演出させるために使われたりしますね。次にThe Beatles"Let it be""Stand by me"。この2曲は世界的に有名です。特にこの"stand by me"は映画「スタンドバイミー」を思い出しますね。郷愁を誘われます。

 

今度はおすすめの曲を簡単にまとめて紹介していきます。

 

Eminem "Not Afraid”

 

 何かに挑戦したいけど勇気が出ない・・・という時におすすめの曲です。

 

Oasis "falling Down"

 

 Volのノエル・ギャラガーは相変わらず神ですね、声がかっこいい。アニメが好きな方には是非Fullで聴いて頂きたいです。この曲は東のエデンというアニメのOPで使われました。Oasisを起用するあたり、神山監督はセンスが良いと思います。

 

The Heavy ”Same ol`”

 

以前ペプシストロングで小栗旬が出演されていた桃太郎のCMで使われていた曲です。クールな桃太郎のストーリーと良くマッチしています。メロディも歌詞もかっこいい。特にサビの「Same ol`(全てが同じ)」のところが訴えかけているようでシビれます。

 

以上、一度は聴いたことがある洋楽の名曲・おすすめの曲の簡単な紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?洋楽は全て英語なので抵抗はあるかと思いますが、メロディを楽しむだけでもいいのです。その雰囲気に浸れば英語が分かった気になれます笑。今回の紹介で、少しでも洋楽に興味を持って頂ければ洋楽好きの私としては嬉しい限りです。

 

さて、次回は戦国スチームパンクアニメ、「甲鉄城のカバネリ」について感想とか書いていきたいと思います!!!

以上、もっさんでした。

 

巷で大人気、艦隊これくしょん!!!

 お久しぶりのもっさんです、今回はあの噂の大人気ブラウザゲームについて書いていきます。

 

     その名も「艦隊これくしょん」!!!

 

 1. 艦これとは? 

 このブラウザゲームは2013年4月からDMM.comが配信している大人気のブラウザゲームです。

 簡単に説明すると、WWⅡ時代の帝国海軍の艦船を擬人化した女の子・艦娘(かんむす)を育成しながら敵(深海棲艦)を倒して海の平和を守る、育成シミュレーション・兵站ゲームです。

 このゲーム、多方面で人気を博しており、声優さんや漫画家、イラストレーターの中にもされている方がいるようです。ついに昨年アニメ化が実現し、今年に入って劇場化の予定PSvitaでは「艦これ改」として発売されました(他にアーケード版もあります)。

 

 2. はじめたきっかけ

 自分もこのゲームのユーザー(提督)としてプレイしていますが、プレイするまではただの女の子を脱がして遊ぶ萌えゲームの一種なのかな?と思っていました。まさか自分が艦これにハマるとはこの時は全く思っていませんでした。

 そもそも自分が艦これを始めたきっかけは大学時代の後輩の紹介でした。今はその後輩は引退していますが、現役時は某サーバー1位のランカーという恐ろしいスペックの持ち主でした。その後輩に誘われ、興味半分でやってみたら・・・お、面白い・・・。

 なんとただの萌えゲームではなかったのです。このゲームは資源がなければ海域をクリアすることもできなけば、艦娘に補給(一応艦船が元ネタなのでこういった言い方をします)をしたり、入渠することもできないのです。つまり、プレイヤー(提督)の判断次第で鎮守府の命運が変わっていくのです。この資源は新しい艦娘を建造する資材にもなるため、用途によってどれくらい資源を使うかといったことも考えていく必要があります。

 はじめたばかりの頃はあまりよく考えずにやっていたのですが、艦娘の図鑑を見てみると、一人一人が自分の簡単な艦歴を紹介してくれるのですが、よく作りこまれているなぁと感心しました。

 例えば、史実の艦船の部分を、艦娘が身に着けている艤装によく反映されていたり、中破時の服が破けている箇所が史実の被弾箇所とほぼ同じ(絵師による)であったりと、細部に至るまでよく反映されています。

 さらには艦娘の性格や姉妹艦の関係までもが、史実の艦船同士の関係に忠実に反映されています(史実で武勲艦だった艦娘は控えめな性格で、あまり武勲を立てられなかった艦娘はボーイッシュや好戦的な性格という傾向があるように感じます)。

 この細部に至るまでのこだわりは、艦これの生みの親・田中謙介氏の想いが如実に反映された結果だと思います。そもそも艦これは、旧軍の要港があった街や、奮戦して壮烈に、あるいは誰も見ていないところで悲しく沈んでいった艦艇を何らかの形で紹介し、一瞬でもいいからみんなで共有できるようなものを作りたいという田中氏の想いから生まれました。

 このゲームが怖いところは、艦娘を轟沈させてしまうと二度と帰ってこないというシステムがあります。自分も慢心でこれまで4隻沈めてしまいました・・・。そのショックといったら・・・。

 ただこのゲーム、お財布には優しいです笑。ブラウザゲームにしては珍しく無課金でもたっぷり遊べます。そういった要素が艦これの人気が出た一つの要因かもしれません。歴史好きの自分にとって艦これに出会えたのは光栄でした。このゲームを紹介してくれた後輩に感謝しています。

 知人が一時期戦艦「榛名」に乗っていたということもあり、帝国海軍の艦船に興味が自然と湧き、知覧や坊津(映画『男たちの大和』のロケ地がある)に足を運んだり、秘書艦にしている軽巡洋艦「木曾」が好きすぎてタミヤの700/1ウォーターラインシリーズを製作してしまいました。これも艦これのおかげです。

 

 3. 艦これの今後

 

 PSvita版・アーケード版にも人気が出ている艦これですが、最近になって艦これ運営への批判や不満が出てくるようになりました。それはイベント時の特定の艦娘縛りや、プレイヤーに課金させるように誘導するようなやり方が目立つようになったからだと思います。

 そんなマンネリを打破したのが、艦これ改での米国戦艦「アイオワ」の実装でした。これまでドイツ戦艦ビスマルクやイタリア戦艦「リットリオ」「ローマ」といった枢軸国艦娘が実装されていったため、今後実装される艦娘枢軸国だろうという予想が良い意味で外れたのです。

 今後米国艦だけでなく、ソ連や英国の艦娘も実装される可能性が出てきたのです。これでさらに艦これに人気が出るかもしれませんね。もしこの記事を読んで下さっている方で艦これに興味がある方がおりましたら、一回試しにやってみては如何でしょうか?勉強になりますし、好みの艦娘が出てくるかもしれませんよ?

 

 さて、今回は巷で大人気のブラウザゲーム艦これについて書いていきましたが、次回は私の好きな音楽ジャンルの一つ「洋楽」の魅力について書いていく予定です。お楽しみに!!!

 

 以上、もっさんでした!!!