行ってみたい時代♪

お久しぶりのもっさんです!!!

 

 今週のお題が行ってみたい時代はいつの時代か?、ということで私が行ってみたい時代について書いていきます♪

 

ランキング形式で行こうと思います♪

 

1位 1960年代~70年代頃

2位 江戸時代

3位 平安時代

 

自分的に一番行ってみたい時代は1960年代~1970年代頃ですね。

理由としては、まだ人情味が溢れていた時代で、自分自身もこの頃に生まれたら良かったのかな?と思います(よくいろんな方から今時の若者とは違う・昭和の若者みたいと言われることがあるため)。

 

二番目は江戸時代です。単純に江戸時代に生きていた人たちの風俗を見てみたいという興味があるからです。

 

三番目は平安時代です。何か雅な時代は惹かれるんですよね~~(笑)。答えになってませんね・・・www。

 

今回はお題に答えた感じのブログ内容でしたが、たまにはこういうのもいいですよね♪

 

読者の皆様はどの時代に行ってみたいですか?

 

もしよろしかったら、コメントのところに書いて頂ければ幸いです。

 

以上、もっさんでした!!!

又吉さん、芥川賞おめでとう!!!

おはようございます、もっさんです。

 

ついに全国各地でジメジメした梅雨から明けてきたような感じがします。

 

今日は早朝からある話題でもちきりになっていました。

 

その話題とは芸能人のピース・又吉さんが芥川賞を受賞したことです。

 

私はその話題を聞いて驚いてしまいました。又吉さんはかねてから応援させて頂いており、性格も自分と似ているところがあって親近感がありました

 

読書が好きな又吉さんはよく太宰治の小説を読み漁っており、彼のお墓参りをするほど大変敬愛しているようです。

 

私も中学校、高校時代は志賀直哉ディケンズカフカなどを読み漁っていました。。

 

私は又吉さんの落ち着いた雰囲気や精錬された思考が好きで非常に頭がいい人だなと思いながら、彼が出演するテレビ番組を見ていました。

 

又吉さんのように深く物事を考えて小説に表せる人は一種の才能だと思います。

 

時間があれば又吉さんの『火花』を読んでみたいと思います。

 

以上、もっさんでした!!!

知覧に行って変わったこと・・・。

どうも、もっさんです。

 

約一か月ぶりのブログ更新です。

仕事ももうすぐで三か月が経とうとしています。

中々仕事に慣れず日々奮闘中です(笑)。仕事以外でも知人の方に古文書を解読して欲しいと依頼されたり、社会人のコミュニティで重要な役割を担わせてもらったりと中々充実しています。

 

今日は今年がちょうど戦後70年だということで、自分が昨年大学時代にサークル活動で知覧に行ってから変わったことについて書きます。

 

大学時代に私は政治歴史研究会という歴史好きが集まるマニアックなサークルに所属していました。昨年の八月中旬に自分が知覧の特攻平和会館に行ってなかったため、それならみんなでそこに行こうということになりました。

 

家から四時間もかからないところなので、で金銭的にも学生にとっては非常にありがたい値段で済みました。

 

特攻平和会館に着くと、老若男女様々な人がお越しになっておりました。私も他のサークルのメンバーと、一通りブースを見て回ったのですが、正直言葉になりませんでした。感情が揺さぶられ過ぎて、うまく言葉で表現できるようなものではありませんでした。自分と同じ年の青年たちが特攻に志願するということに、彼らの犠牲で今の日本の平和があるのだと再認識しました。それと同時に自分に一つの変化が起きました。

 

それは、戦争を体験された方の日記・手記を分かりやすくパソコンで打ち直して、補足を入れ、一つにまとめて出版してみたいと思うようになっていったのです。この思いは自分にとって使命のようなものになっていきました。

 

まずその手始めに、自宅にある知人の戦争日記でそれをやってみることにしました。流石に出版まではいきませんでしたが、興味のある人たちに印刷して配ることができました。

とはいえ、まだ完全にできあがったものではなく粗削りな部分も多々ありました。

 

知覧に行ったおかげで使命のようなものが生まれたことで、職場で辛いこと。苦しいことがあっても耐えていけるような気がします。

 

この使命は人生をかけて少しずつ休日などを使って遂げていきたいと思います。

 

今年はテレビドラマで永遠の0が放映されたり、天皇・皇后両陛下がパラオで亡くなられた戦死者を慰霊するために訪問されたり、戦艦・武蔵が発見されたりといろいろと戦争関連の話題がよく上がります。これを機会にこのブログを読んでいる方も、戦争関連の史跡に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

長文になってしまって申し訳ないです。

 

以上、もっさんでした。

 

追伸:歴史が興味があるという方は、ぜひ気軽にコメントして絡んで頂ければと思います!!!このブログの記事や私自身への質問も受付中です!!!

ついに社会人へ!!!

こんにちは、もっさんです。

 

つい先日大学で卒業式があり、私も卒業することになりました。

 

大学にいったおかげで、素晴らしい先生方や先輩方、後輩、仲間、友人に恵まれました。

 

また、アルバイトで仲良くさせてもらった職場の方々や、就職活動でお世話になった方から人生で大事なことなどを教えてもらいました。

ここまでこれたのはこうした周りの人たちのおかげだと思ってます。

 

四年間有難うございます。

 

こうして私は社会人になるわけですが、不安でいっぱいです(笑)。

 

しかし、今まで何とか周りの方々の助けでやってこれたので、今度はできるだけ自分の力で頑張っていきたいです。

抱負?みたいな感じになってしまいましたが、今後とも私こともっさんのブログを温かい目で読んでいただければと思います。

 

以上、もっさんでした!!!

人質事件について思うこと

こんばんは、もっさんです。

 

 一か月ほど記事を更新してなくて、読者の皆様には申し訳ありませんでした。

論文発表や入社書類の提出などがあって記事を更新できていませんでした。

今後も長い目でこのブログを読んでくれれば幸いです。

 

 さて、今回は先月の日本人の人質がテロリスト集団に殺害されたことについて思ったことを書きます。

 先月のISIL(イスラム国)による日本人の拉致事件は最悪な結果になってしまいました。湯川さんと後藤さんという二人の尊い命が犠牲となりました。ご冥福をお祈りします。

 この二人が拉致された時、日本国内・特にネット上では自己責任だから助ける必要はないという意見が多かったようです。自己責任という言葉で片付けるほど事態は簡単なものではありません。

 また、二人を拉致したISILは日本政府をかく乱させるために、あえて身代金二億円とリシャウィ死刑囚と後藤さん・ヨルダン人パイロットの人質交換という違った要求を出したのではないかと思われます。

 結局二人は殺害され、それから程なくしてヨルダン人パイロットのカサースベ中尉も焼殺されました。日本国内では、左寄りの方々が安倍首相をここぞとばかりに非難していました。今回の人質事件は解決が難しかっただけでなく、複雑な中東情勢に巻き込まれてしまったといえるでしょう。安倍首相含む日本政府からしてみれば、人道支援なのでしょうが、ISILはそう捉えませんでした。人道支援に使われるお金が、必ずしもそういった用途にヨルダンが使ってくれるとは限らないからです。また、ISILの司令官を知人に持つ中田氏や常岡氏を仲介して、ISILと交渉すれば、結果は少し違ったかもしれません。

 人質事件後、本格的にISILは日本を攻撃対象に入れました。これまで、日本はテロリストの供給源でありながら、テロに狙われやすい点があります。イラク人青年殺害事件や、アルジェリアイナメナス日揮社員の人質事件などが挙げられます。

今回の人質事件でさらに日本のテロへの危険性がレベルアップしたといっていいでしょう。最近では、ISILの機関誌・ダビクで改めて日本人を見つけ次第殺害する旨が書かれていました。

 

 実は、この人質事件の間にISILはtwitterで日本人の同情を誘ってシリアに行かせようと言葉巧みに勧誘していました。この事は公では公表されないでしょう。ISILのメンバーでIsisbahaというアカウントがあります。この人は日本人にtwitterで翻訳機能を使って何でも質問に答えながら、やり取りをしている相手の同情を誘ってISILに勧誘しようとしていました。私も危うく騙されるところでした(私も質問をしてみたが返信は来なかった・内心相手の出方を慎重に伺いながら質問した)。実際その影響なのか、シリアに行こうとする日本人が少し増加しました。これ以上増えないことを願うばかりです。

 

 ISILはヨルダン軍などの空爆や、クルド人部隊の反撃で打撃を受けましたが、それでも組織を壊滅するまでにはかなりの時間を要します。そして、連中に迎合する反社会組織やイスラム武装勢力が世界各地でテロを起こしています。日本もいつテロが起きるか分かりません。狙われるとすれば、日本の中枢でしょう。最早対岸の火事ではなくなったのです。

 私はtwitterなどでテロの危険性について度々注意喚起を行うために、テロ関係の情報をリークしていますが、中々関心を持ってもらえないのが現状です。自分には関係ないからと無関心でいるのはどうでしょうか?テロを含む国際情勢は間接的に日本と関わっくるので、自分とは関わりがないとは言い切れません。

 

 近い内に日本で大きなテロが起きないように国民一人一人が憲法改正や、国土防衛、テロ対策について少しでも関心を持たなければ、いずれこの国は大きく衰退することになると思います。

 この記事を読んで、不愉快に感じた方もいることでしょう。しかし、最近の思うところを全てぶつけたものなので、気軽に読んでやって下さい。ご理解のほどよろしくお願い致します。

以上、もっさんでした。

 

 

明けましておめでとうございます!!!

こんばんは、もっさんです。

 

明けましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いします。

 

昨年はみなさんにとってどういった一年になりましたか?

 

私はいろいろとバタバタした一年になりました。

 

今年からは私も立派な社会人の仲間入りです。社会人はそれなりに責任がともなってきますので、頑張っていきたいと思いますっ!!!

 

あー、それと論文終わらせなきゃなー(笑)。

 

この記事を読んで下さっているみなさんは風邪とか引かないようにしてくださいね。

 

今の季節が特に流行りやすいですから。

 

以上、もっさんでしたっ。

 

 

もうすぐクリスマス!!!

久しぶりの、もっさんです!!!

 

もうクリスマスの時期ですねー。

 

みなさんは誰とクリスマスを過ごしますか?

 

私は家族と過ごす予定です。

 

ところで、クリスマスって日本と欧米ではかなり違うみたいですね。

 

欧米ではクリスマスチキンはあまり食べません。また、ケーキもパンケーキみたいなものを食べるようです。

 

過ごし方にも違いがあります。日本ではクリスマスといえば、恋人や友人と過ごされる方も多く、賑やかな感じです。

 

しかし、欧米では日本の元旦のように家族・親戚で静かに過ごす方が大半です。

 

日本はクリスマスを商売という形でやっているので、本来のクリスマスとは少し違ってきます。

 

そんな本来のクリスマス(欧米でやっているようなクリスマス)が日本でも楽しめる場所があります!!!

 

その場所とは、教会です!!!

 

教会に行けば、本来のクリスマスが楽しめます。教会というと、入りずらいイメージがあったり、仏教徒神道なのに入っていいものなのか戸惑う方もいるでしょう。

 

しかし、教会は誰でも入れます。25日に教会に行くと、静かな雰囲気でイエス・キリストの誕生日を祝うところを見ることができます(祝う時間帯は教会によって様々だと思われます)。

 

もし25日に時間があれば、教会に行ってみるのも面白いのではないでしょうか?

 

日本のクリスマスとは一味違うクリスマスが楽しめるかもしれません。

 

以上、もっさんでした!!!