mossaanのいろいろ日記

気ままにブログを投稿してます♪

物語シリーズ、ぱないの!!!

 お久しぶりのもっさんです。

 

 最近いろいろとこちらのブログで書きたいことが山ほどありまして、今回は何を書こうか迷った結果、物語シリーズというアニメをテーマに書くことに決めました。

 

 皆さんがこのアニメをご存知かどうかは分かりかねますが、アニメがお好きな方々にとっては知らない人はいないというほど有名なアニメのようです。

 

 私がこのアニメを初めて知ったのは大学に入ってからでした。大学のサークルの人に薦められて興味本位で視聴したことがきっかけです。

 

 話の内容を一言で言うと、「21世紀初頭の日本の田舎町を舞台とした、阿良々木暦(あららぎこよみ)と彼に出会った少女たちの、「怪異」に関わる不思議な物語。」という感じです。Wikipediaからそのまま引用してしまいましたが、要するに一人の男子高校生が怪異に巻き込まれながら、いろんな女の子(幼女も童女も含む・時には妹達とも)といちゃらぶ生活を送るという感じですね笑。

 

私がこのアニメがほかのアニメになくて斬新だなぁと思うところがいくつかありました。まとめてみると、

 

① 話の内容が登場人物同士の会話を主軸に話が進んでいくこと。

 

② 先入観を与えるために明朝体で「以下、回想」など独特なアバン?・テロップ?が入る。

 

③ 個性的な名前とキャラクターの数々。

 

といった感じです。

 まず、①の会話についてですが、会話を軸に話が進んでいくアニメは、恐らく物語シリーズくらいではないでしょうか?基本アニメは視聴者を飽きさせないために、会話を簡潔に進めて話を展開させていくのですが、このアニメは会話だけで一話丸々終わってしまうことがよくあります。これは、元々小説が原作で原作者の西尾維新さん自身が登場人物同士の会話に重きをおくような話の構成を取っているからなのだと思います。

 それを新房昭之監督の手腕で見事に映像に落とし込んでいますが、原作の良さをそのまま生かした作りこみは流石だと思います。

 

 次に②の独特なアバン、テロップですが、よく出てきますね。これは新房監督独特のこだわりから、伝えたいことを強調したいときによく使われている印象を受けます。これは初めて見た時、正直なところ度肝を抜かされました。アニメでこんな演出があるのかと驚かされました。ここの表現方法は一度アニメ・化物語から視聴することをお薦めします。いろいろと新鮮に感じると思います。いい意味で予定調和を壊してくれるでしょう。

 

最後に③の個性的な名前とキャラクターについてですが、

 

                  八九寺真宵

 

 この名前は登場するキャラの名前なのですが、何と読みますか?はちじゅうきゅうてらまよい、と読んでしまいそうですが、これで「はちくじまよい」と読みます。どう読んでも「はちくじ」なんて思いつきませんよね。他にも「老倉育」(おいくらそだち)だとか「戦場ヶ原ひたぎ」(せんじょうがはらひたぎ・通称がはらさん)だとか訳が分からない名前ばかりです。そこが逆に覚えやすいんですよね。普通の人が考え付かないような名前が沢山あるアニメ、それがこの「物語シリーズ」というアニメの良いところでもあります。

 

 そして見た目とキャラが合致しないキャラも大きな魅力です。例えば、「神原駿河」(かんばるするが)というキャラがいますが、見た目は爽やかでボーイッシュな女の子という印象を受けますが、話を進めていくとBL好きで同性の女の子が好き(百合)という属性の持ち主だということが分かってきます。キャラがよく作りこまれてて感心します、あえて見ためと逆の性格にさせることでそのキャラを魅力的にしていくあたり、このアニメは業界でもトップクラスでしょう。

 ただ補足しますと、この神原駿河という女の子は主人公にだけそういった明るくてノリの良い後輩キャラを作っていますが、本来は真面目でよく物事を考え込んでしまう性格のようです(百合とBL好きはホント)。

 他にも一見明るそうに見えて実は精神的に病みすぎてメンヘラ気味になってる先述の「老倉育」という女の子や、見た目は悪者オーラ全開だけど実はめちゃくちゃかっこいい詐欺師のおじさん「貝木泥舟」(かいきでいしゅう)など魅力的なキャラばかりが登場します。

 

 まとめていうと、

 

     「物語シリーズ」ぱないの~~~!!!

 

ということが言いたい訳ですね笑。今は最新作の「終物語」がDVD・ブルーレイで出たり、映画「傷物語・Ⅰ鉄血編」が上映中でノリにのってます!!!

 

 もし時間がありましたら見てみるのも一興なのではないでしょうか?この「物語シリーズ」はいくつも「○物語」という感じでいくつもアニメになっていますが、時系列がバラバラになっていますので、そこは公式サイトで調べて頂ければ何から見ればいいのか分かるかと思います。個人的に「化物語」から見ることをお薦めします。今に至るまでに声優さんの演技や、アニメの表現方法が多少変化していますのでそこも楽しんで頂けるかと思います。

 

 今回は「物語シリーズ」についてあれこれ書きましたが、次回はあの噂のブラウザゲームについて書いていきたいと考えております。次回も楽しみに待って頂ければと思います。以上、もっさんでした。

 

 

 

真田丸と歴史ドラマ!!!

どうも、もっさんです!!!

 

 今回は先週から放映された大河ドラマ真田丸」とこれまでの大河ドラマで印象深かった作品ついて、感想を書いてみようと思います!!!

 

 ついに始まりましたね~、真田丸。先週の第一回を見させてもらいましたが、流石は三谷監督です。歴史が苦手な方にも興味を持ってもらうために様々な工夫をされていたようにお見受けしました。状況を説明する際に、主人公が所属している大名の勢力がどの辺りの範囲まで治めてあって、周辺にはどういった大名がいるか地図で示すのはどの大河ドラマでも使われてます。

 しかし、「真田丸」はまるで自分が戦国シミュレーションゲームをしているかのような錯覚に陥ってしまいました。信長の野望というコーエー製作のゲームをされた方ならわかると思いますが、あの感じです。自分が当事者みたいな感覚になってしまいました。もしかしたら三谷監督はやったことがあるのかもしれませんね。そういった感覚に陥らせるのも物語に入り込みやすくする一つの工夫ですね。

 

 また、昔の言葉遣いを極力抑えて今の現代言葉に置き換えてるところも流石だと思いました。「~で候」とか、「~でありませぬか」などといった言葉を普段私たちは使っていないので違和感を感じるかと思います。そこを三谷監督はあえて現代言葉に直してますね。例えば、次回予告で信繁(堺雅人さん)の奥さん・松(木村佳乃さん)が信繁に抱きついて「助けにきてくれたのね~」みたいなことを言ってたシーンがありましたが、昔なら絶対にありえない口調です。そういった細かい工夫で視聴者を楽しませるやり方はうまいなぁと感心してしました。

 

 ただ、風林火山坂の上の雲のような重苦しい・重厚な歴史ドラマを好む方は「真田丸」は少し苦手かもしれません。個人的にはどちらも好きですね。信長のシェフ「信長交響曲みたいなフィクションを混ぜた歴史ドラマのおかげで歴史に興味を持ったという方も出てくるので、史学系の大学を出た私としては大変嬉しいですね。その一方で黒沢明監督の七人の侍や木曜時代劇の柳生十兵衛七番勝負「お宿かわせみ」のような正統派?歴史ドラマも増えてくれれば言う事なしですね。

 

 それでは、今日午後八時からの「真田丸」・第二回決断をお楽しみに~!!!

以上、もっさんでした、おやすみなさいってみんな寝てるか(笑)。

 

新年明けましておめでとうございます!!!

 どうも、お久しぶりのもっさんです!!!

中々ブログを更新できず、読者の皆々様には申し訳ありませんでした。

 

今年も読者の皆々様に良い一年が訪れることを願っております。

 

今年度ももっさんを宜しくお願い致します。

行ってみたい時代♪

お久しぶりのもっさんです!!!

 

 今週のお題が行ってみたい時代はいつの時代か?、ということで私が行ってみたい時代について書いていきます♪

 

ランキング形式で行こうと思います♪

 

1位 1960年代~70年代頃

2位 江戸時代

3位 平安時代

 

自分的に一番行ってみたい時代は1960年代~1970年代頃ですね。

理由としては、まだ人情味が溢れていた時代で、自分自身もこの頃に生まれたら良かったのかな?と思います(よくいろんな方から今時の若者とは違う・昭和の若者みたいと言われることがあるため)。

 

二番目は江戸時代です。単純に江戸時代に生きていた人たちの風俗を見てみたいという興味があるからです。

 

三番目は平安時代です。何か雅な時代は惹かれるんですよね~~(笑)。答えになってませんね・・・www。

 

今回はお題に答えた感じのブログ内容でしたが、たまにはこういうのもいいですよね♪

 

読者の皆様はどの時代に行ってみたいですか?

 

もしよろしかったら、コメントのところに書いて頂ければ幸いです。

 

以上、もっさんでした!!!

又吉さん、芥川賞おめでとう!!!

おはようございます、もっさんです。

 

ついに全国各地でジメジメした梅雨から明けてきたような感じがします。

 

今日は早朝からある話題でもちきりになっていました。

 

その話題とは芸能人のピース・又吉さんが芥川賞を受賞したことです。

 

私はその話題を聞いて驚いてしまいました。又吉さんはかねてから応援させて頂いており、性格も自分と似ているところがあって親近感がありました

 

読書が好きな又吉さんはよく太宰治の小説を読み漁っており、彼のお墓参りをするほど大変敬愛しているようです。

 

私も中学校、高校時代は志賀直哉ディケンズカフカなどを読み漁っていました。。

 

私は又吉さんの落ち着いた雰囲気や精錬された思考が好きで非常に頭がいい人だなと思いながら、彼が出演するテレビ番組を見ていました。

 

又吉さんのように深く物事を考えて小説に表せる人は一種の才能だと思います。

 

時間があれば又吉さんの『火花』を読んでみたいと思います。

 

以上、もっさんでした!!!

知覧に行って変わったこと・・・。

どうも、もっさんです。

 

約一か月ぶりのブログ更新です。

仕事ももうすぐで三か月が経とうとしています。

中々仕事に慣れず日々奮闘中です(笑)。仕事以外でも知人の方に古文書を解読して欲しいと依頼されたり、社会人のコミュニティで重要な役割を担わせてもらったりと中々充実しています。

 

今日は今年がちょうど戦後70年だということで、自分が昨年大学時代にサークル活動で知覧に行ってから変わったことについて書きます。

 

大学時代に私は政治歴史研究会という歴史好きが集まるマニアックなサークルに所属していました。昨年の八月中旬に自分が知覧の特攻平和会館に行ってなかったため、それならみんなでそこに行こうということになりました。

 

家から四時間もかからないところなので、で金銭的にも学生にとっては非常にありがたい値段で済みました。

 

特攻平和会館に着くと、老若男女様々な人がお越しになっておりました。私も他のサークルのメンバーと、一通りブースを見て回ったのですが、正直言葉になりませんでした。感情が揺さぶられ過ぎて、うまく言葉で表現できるようなものではありませんでした。自分と同じ年の青年たちが特攻に志願するということに、彼らの犠牲で今の日本の平和があるのだと再認識しました。それと同時に自分に一つの変化が起きました。

 

それは、戦争を体験された方の日記・手記を分かりやすくパソコンで打ち直して、補足を入れ、一つにまとめて出版してみたいと思うようになっていったのです。この思いは自分にとって使命のようなものになっていきました。

 

まずその手始めに、自宅にある知人の戦争日記でそれをやってみることにしました。流石に出版まではいきませんでしたが、興味のある人たちに印刷して配ることができました。

とはいえ、まだ完全にできあがったものではなく粗削りな部分も多々ありました。

 

知覧に行ったおかげで使命のようなものが生まれたことで、職場で辛いこと。苦しいことがあっても耐えていけるような気がします。

 

この使命は人生をかけて少しずつ休日などを使って遂げていきたいと思います。

 

今年はテレビドラマで永遠の0が放映されたり、天皇・皇后両陛下がパラオで亡くなられた戦死者を慰霊するために訪問されたり、戦艦・武蔵が発見されたりといろいろと戦争関連の話題がよく上がります。これを機会にこのブログを読んでいる方も、戦争関連の史跡に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

長文になってしまって申し訳ないです。

 

以上、もっさんでした。

 

追伸:歴史が興味があるという方は、ぜひ気軽にコメントして絡んで頂ければと思います!!!このブログの記事や私自身への質問も受付中です!!!

ついに社会人へ!!!

こんにちは、もっさんです。

 

つい先日大学で卒業式があり、私も卒業することになりました。

 

大学にいったおかげで、素晴らしい先生方や先輩方、後輩、仲間、友人に恵まれました。

 

また、アルバイトで仲良くさせてもらった職場の方々や、就職活動でお世話になった方から人生で大事なことなどを教えてもらいました。

ここまでこれたのはこうした周りの人たちのおかげだと思ってます。

 

四年間有難うございます。

 

こうして私は社会人になるわけですが、不安でいっぱいです(笑)。

 

しかし、今まで何とか周りの方々の助けでやってこれたので、今度はできるだけ自分の力で頑張っていきたいです。

抱負?みたいな感じになってしまいましたが、今後とも私こともっさんのブログを温かい目で読んでいただければと思います。

 

以上、もっさんでした!!!