mossaanのいろいろ日記

気ままにブログを投稿してます♪

拡大するISIS!!!

こんばんは、もっさんです!!!

 

今日は最近テロリスト集団の中でもかなり過激で急速に勢力を拡大しているISISイスラム国)について書こうと思います。

 

このISISというテロリスト集団は元々外国人の義勇兵を中心とした組織で、アルカイダと合流した歴史を持っています。

 

彼らは度々イラク各地で自爆テロを起こしていましたが、2013年7月21日の刑務所襲撃を皮切りにシリアの諸都市に侵攻しました。

 

そして、今年に入り隣国イラクの各都市を制圧し、6月29日に指揮官のバクダディが自らを「カリフ」と名乗り、イスラム国」に名称を改変し、国家樹立を宣言しました(かつてのイスラーム王朝の領土を取戻し、純粋なイスラーム国家を)。

 

今やその支配地域はベルギーの国土面積に匹敵するほど拡大しました。

 

事態を重く見た欧米各国と周辺諸国は安保理ISIS壊滅を全会一致で可決しました。

 

そして現在、フランスやイギリス、アメリカはISISが支配しているシリア北部を空爆しているという現状です。

 

私はこのテロリスト集団は従来のテロリストとは全く違うように思えます。

 

ここまで拡大できた要因はいくつか考えられますが、ISIS石油施設を掌握していることと(人身売買で得た軍資金も存在する)、巧みな情報戦略で志願兵を世界中で募っていることです(現在兵力は3万人を超えているといわれている)。

 

この志願兵募集に触発されて、オーストラリアではISISを信奉している若者がテロ未遂事件を起こしました。

 

そして、日本では二日前にISISに参加しようとした北海道大学の学生が私戦予備及び陰謀の疑いで警察に事情聴取されました(学生が通っていた大学の教授はISISに広い人脈を持っていたという)。

 

あまり考えたくはありませんが、今後日本でISISに参加しようとする輩は増えると思われます。

 

ISISの出現により、テロの脅威が日本に及ぶ可能性はさらに高くなったといわざるをえません。

 

最早、テロは海の向こうの出来事ではなくなったのです。

 

これからもISISの動向について注目深く見る必要があるでしょう。

 

以上、もっさんでした!!!